VRゴーグルを使って世界探索や、故郷を巡ってノスタルジーに浸ったりしてみた。

以前買ったVRゴーグルを記事にした後で、ワイヤレスリモコンの注文をした後、もっかい3D酔いはしないか確認する為にVRで遊んでた。

(自転車スマホなんてしてませんよ!自転車VRです!・・・マジ危ないからダメよ) 10日ほど前にVRゴーグル届いてたんで...

やはりピントの問題だっただけみたいなので、全く3D酔いは無かった。

今回は、指定コンテンツで提供されたアプリ経由ではなく、googleストリートビューで世界探索や、生まれ故郷を探索してみました。

そんなこんなで、googleストリートビューを使ったVRトリップの方法を記事にします。

スポンサーリンク
レクタングル大

Googleストリートビューをインストール

スマホに、Googleストリートビューアプリが無ければインストールします。

Google Play で手に入れよう

Googleストリートビューを起動

スマホで興味のあるところへ行ってみます。

とりあえず今回はエジプトのピラミッドで説明します。


(引用画像:グーグルマップ)

画面右上の赤枠で囲んだ部分に、Cardboardのマークがあるので押します。

スマホをVRゴーグルに装着

後はVRゴーグルに装着してVR体験するだけです。

前回紹介した、やっすいやっすいVRゴーグルで試しましたが、VR体験には不自由はないです。むしろスマホの性能や画面サイズは影響するるんでしょうね。

周辺を見回す程度なので、旅行した気分にはなれませんが、名所に行った気分にだけはなれますし。画像の加工ミスで頭消えてる人や、浮いた手が現れるのは、ちょっとしたホラー感覚で遊べます(笑)

今は無き生家を探索してみた

海外の名所ではピンポイントが多かったけれど、国内となるとストリートビューと同様に移動ポイントが多かったです。

ワイヤレスリモコンあれば移動出来たのかな?と思いつつ移動中の画像もストリートビューと同様だったので、リアルに移動してる感じは無理なんだろうなと思ったりしながら、アーケード街を進み生家跡地へ到着。

思いっきり〇〇急便のトラックが停車してたヽ(^o^)丿

なんも見えへんヽ(^o^)丿

まぁ、反対側に進むと多少見えたのでオッケーとしようかな。

スマホをVRゴーグルから出し入れしながら、なんだかんだとノスタルジーに浸ってました。ワイヤレスリモコン到着したらもっかい行ってみようかなと、また違う感じなのかな。

ワイヤレスリモコンが到着したら、ゲーム系ばっか試すんだろうけどね。とりあえず最初はストリートビューを試してみようと思う。

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大