AmazonプライムビデオをChromecastで接続してテレビで見れるっちゃ観れる

どーもー!よて&めつの、映画は買ってからみるほう、めつです! (久々にタイガー&バニー見たのでついね)

最近色々とAmazon経由の買い物が多かったので、送料だけでも超お得だなって事で、Amazonプライムの無料体験をお試し中な訳です。

なので、Amazonプライムの無料期間中に試せるだけ試してやろうって事で、プライムビデオも試してみたんでレポートします。

その前に現時点でのAmazonプライムの感想は、送料が無料になったりお急ぎ便が無料だったりするだけでも凄いのに、どんだけサービスあるんだよって感じですが、前回試したKindleでは

Amazonプライムの数あるサービスの1つのkindleを利用しようとしたら、英語の表記の洋書ばかり表示されるので、日本語表示される...

こちらはKindle端末を持っていれば最強感たっぷりですが、無い場合はオマケ感が強かったです。

プライムビデオのサービスでどう巻き返すのか!ってところですが、そもそも送料が無料の時点で(略)

スポンサーリンク
レクタングル大

普段利用している動画サービス

プライムビデオに行く前に、普段利用している動画サービスを紹介しておきます。その方が比較しやすいと言うか、記事に書いてる意味が伝わるかと思うので。

普段は月額500円の『dTV』を利用しています。

【アプリ】
スマホアプリからChromecastに飛ばす機能を利用してテレビで見てます。

以前はアプリの不具合も少々ありましたが、更新頻度も高くて最近は落ち着いてきているので不満無いです。

【視聴ジャンル】
洋画メインの自分みたいなタイプだと少々物足りなさはあると思います。ラインナップ数は豊富なんですが、数年前の作品が新しい部類で、ローテーションさせてるだけ感はあります。まぁ、本当に見たい映画は買って見るので、そこまでの不満は無いですけどね。

アニメやドラマ系は超が付く程の新作からラインナップされてるので、満足感は凄いと思います。dTVオリジナルなんてもあるので結構楽しめます。例えば『銀魂の実写版オリジナル』とか『進撃の巨人の実写版オリジナル』なんてのがあります。

【満足度】
月額500円程度だし、十分過ぎるほど活用(どちらかと言うと子供が)しているので、不満は全くありません。

あっ、1つだけありました。クレカ支払いなのに毎月毎月ログインを要求されるのは微妙に鬱陶しいです。それくらいですね。

プライムビデオを試してみた

先に、良いとこ悪いとこ全部まとめて、思ったままを箇条書きにしてみます。

・意外と新作な映画があるのに驚いた
・画像がメインすぎて検索しにくいつうか探しにくい
・画像が多いせいかアプリがちょっと重たい時がある
・ダウンロードして視聴できるのは凄い
・字幕と吹替は別作品みたいに別々になってる
Chromecastにキャストする機能が無い (コレは解決したの後ほど)

プライムビデオの為だけにプライム会員になったとしたら高額過ぎると思いますが、オマケの動画機能だと考えた場合、こんな半端ないサービスは他に無いでしょう。

年額なのは解ってたけど、月額と年額を比較してる間に勘違いしてました。年額3900円だから月々325円なので、プライムビデオ目的だったとしても安い部類になりますね。

最新作はレンタルか購入が多い感じですが、それでもメディアを購入するよりは格段に安い値段ですね。

でも自分は利用しませんけどね、やはりメディアを買います。理由はこれまた最後にでも。

プライムビデオをChromecastで利用する

いくらダウンロード出来ようが、新作がラインナップされていようが、やっぱりテレビで見られない事には話が始まらないのですが、アプリには全く機能がありませんでした。

が、単純な話で解決しました。

ChromecastのHomeアプリを開き、左上のメニューから

『画像や音声をキャスト』を選択するだけでテレビで見れました。

(自分は常時固定なので問題無かったですが、画面の縦横スクロール機能を使ってたら面倒かもしれません。)

だがしかし難点が!

dTVのようにアプリのキャスト機能で利用している訳じゃないので、スマホでも常時動画を流しておく必要があり、バッテリーはモリモリ減ります。電源に接続して利用していた場合でも、長時間利用しているとスマホが結構熱くなりました。

し、アプリのキャスト機能じゃないので、視聴中は他の事が何もできません。

【アプリのキャスト機能の場合】
Chromecastに配信先の情報を送るだけなので、極端な事を言えば、配信が始まればスマホの電源を落としても動画は配信され続けます。
アニメのような連続ものの場合、次の回があれば自動で次の配信に移動してくれます。

fire TV stick なら問題解決するのかな?

AmazonのChromecast的な fire TV stick なら、もしかしたらdTV+Chromecastと同じような使い方が出来るのかな?

これはまだ持ってないので、今後もプライムを利用していくなら購入してみます。

リモコンが付いてる時点で、下手すりゃChromecastよりテレビっぽい使い方が出来そうな予感はあるんですが、テレビの裏側とはいえ2つも3つもブラブラぶら下げるのはどうかなとは思ったりね(笑)

dTVと比較

ごめんなさい、あるある比較表みたいなのは作成しません(笑)

比較で言うと書いてきた通りなので、ある意味全く方向性の違うサービスな感じはします。

例えば、スマホがメインで、家はWiFi環境で外ではスマホの通信料は抑える場合なら、ダウンロード可能なプライムビデオが明らかに有効な選択だと思います。

例えば、家に帰ってからアニメ全話一気見しながらスマホでは別の事もやりたい場合なら、アプリからキャスト可能なdTVが有効な選択だと思います。

fire TV stick を購入したら話は変わるかも知れませんが、現状ではそんな感じの感想です。

つまり得なのか?

タダなんだし得でしょうね(笑)

プライムビデオのサービスをメインで考えると高すぎるってのが正直な感想(※追記)で、自分の場合は送料無料サービスのオマケサービスだと思っているので得感しか無いです。
※追記
よくよく考えると年額3900円だから月々325円。これホンマにサービスとして成立するのか心配する勢いで安すぎます(笑)

fire TV stick の購入が必要になるかも知れませんが、たったそれだけで便利になるなら安いものかなとも思ってます。たった数千円で何年も便利や有意義になるならね。

ただ、現状ではプライム会員を続けたとしてもdTVも継続すると思いますわ。

だって500円だし(笑)

ってのを置いといても、何気にラインナップが違うので、どちらも利用すると思います。

映画は買ってから見るほう

どーもー!よて&めつの、映画は買ってからみるほう、よしです!

(どっちもかい!なんてツッコミくれてもエエんやでぇ~。)

映画はメディアを買ってから見ると何度か書きましたが、自分なりの楽しみ方を披露します。

映画を見るついでに英語の勉強もしたいっつう欲張りな欲求がありまして、特に独特な表現は映画じゃないと知る事が出来ない部分もあったなぁなんてのは、もはや過去形な勢いで勉強になってます。

【自分なりの楽しみ方】

1回目:日本語字幕にして見る
普通に映画として楽しみます。

2回目:日本語吹替で見る
映画の流れを日本語で把握してみます。

3回目:日本語吹き替え&英語字幕で見る
亜空間な翻訳のズレを探して楽しみます。
オイ。そこそんな事言ってねぇし・・・みたいな。

4回目:吹替なしで英語字幕で見る
英語の発音とフレーズをガッツリ勉強モード。

5回目:完全に英語だけで見る
なんとなく全て理解した気分になる(笑)

まぁ、動画サービスではこの楽しみ方は出来ないので、完全な暇つぶし程度の利用なんですが、動画サービスでもコレが可能になったら速攻で会員になる勢いはあります。

なんにせよ、とりあえずこのまま行くと fire TV stick も買うんだろうなぁって感じはアリアリなので、またレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大