JDKの環境変数の設定はもういらない? JAVA_HOMEの設定で、逆にトラブルに遭遇するケースもある。

JAVAはぶっちゃけあんまり好きじゃない。
その理由の1つに、今回の環境変数のJAVA_HOMEの設定があった。

検索すると古い情報かコピペした程度の情報なので、複数の環境を管理する必要がないケースでもJAVA_HOMEの設定をしろと書いているページが多い。

だけど、現時点では『JDKの環境変数の設定はもういらない』と思うので書いていきます。

(どうしても複数環境を利用する必要があるような、上級者の方は読むだけ無駄だと思います。)

スポンサーリンク
レクタングル大

環境変数の設定? なぜ必要なの?

環境変数が何なのか具体的に解っていない、ググったら『設定しろ』と書いてあったので『設定した』、そもそもなんで必要なん?

以前はバージョン混在で苦労していた

元々JAVAはクラスプラットフォームの先駆けで、『環境が違っても動作可能』が売り。

ただし『バージョンが違ったら動かない』なんつう、実にエンジニア泣かせな事もやってくれてました。

なので、上書きバージョンアップだと困るので、複数のバージョンをインストール可能な仕組になっています。

その複数の環境を切り替えるためには、環境変数で指定してやる必要があり、少しでも面倒を避けるために編み出された素晴らしい技法が、
環境変数 [JAVA_HOME] に絶対パスを設定し、環境変数 [PATH] に相対パスの [%JAVA_HOME%\bin;] 設定する手法。

JAVA7 はサポート終了している

JAVA7は、2015年でサポート終了しています。セキュリティ的な観点から考えても、JAVA7を使う理由は無いです。

つまり今はバージョンが1つしか無い

なので、開発時にバージョンを切り替える必要が無いんです。

だとしたら、環境変数にマイナーバージョンまで指定する「JAVA_HOME」の設定は、むしろ害しか無いです。 (必殺割愛)

すでに設定してたら、どうすれば良いの?

[JAVA_HOME] を消す。

[PATH]の中の %JAVA_HOME%\bin; も消す。

JAVA8をインストールした時点で、環境変数[PATH]の中に[C:\ProgramData\Oracle\Java\javapath;]が設定されていると思います。

その設定であれば、マイナーアップデートでも[JAVA_HOME]を書き換える手間が無くなり、自動で切り替わってくれます。

旧開発環境で確認したら

JDKだけマイナーアップデートして、環境変数の [JAVA_HOME] の書き換えを忘れてました。

これがあるので面倒だったんですよね。忘れていた自分が悪いんですが・・・

ただ、今回気になったのは、[Android 公式] のコレ

JAVA_HOME の設定をしろなんて書いてるけど、そんなもの不要だと思ってるので設定せずにインストールしました。

もし不都合が発生するようなら、実体験としてレポートしたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大
error: Content is protected !!