小学生が喜ぶクリスマスのプレゼント。【3DS編】

(アレも欲ちぃ!コレも欲ちぃ!もっと欲ちぃ!もっともっと欲ちぃ~♪)

たまたま近所のクソガキご子息ご令嬢が集まる場に参加したので、『欲しいゲーム』『好きなゲーム』『遊んでいるゲーム』を聞いてみた。

ゲームの話になると、聞いてもいないのにバンバン追加情報をくれるので、メモは取っていないが記憶の限り書いていこうと思う。

小学生に聞いた話なので、対象は小学生とします。

『欲しいゲーム』『好きなゲーム』『遊んでいるゲーム』

以下、順不同

スポンサーリンク
レクタングル大

ポケモン『ウルトラサン』『ウルトラムーン』

ポケモン世代では無い自分からすると、どんだけ凄いんだよって感じですが、根強く人気みたいです。

コンプ要素もあるようですが、ここは流石任天堂って感じで「別バージョン」を持っている友達とワイワイ出来る感じっぽいです。

出遅れ感も無くプレイ出来るあたりは、本当に任天堂は上手だなと思います。

高学年の方が所持率が高く、これがきっかけで幅広い年代と遊べるゲームかも知れません。

注意ポイント

特には無いですが、高学年生に「そのポケモンくれや」みたいなのはあるかも知れませんが、そんな程度で社会勉強出来るなら安いもんかなと思います。『断れよ』と教えるのも教育ですしね。意外と色々と感慨深い作品です。

本気の注意点としては『ポケモン博士』になってしまう!かもしれません。

図鑑丸覚えは良いのですが、ポケモン図鑑丸覚えなんて、親は誰も望んでいないと思いますが、まぁしばらくは『ポケモン博士』になるので覚悟しましょう(笑)

なんだかんだとありますが、完全に王道ランキング1位だと思います。

妖怪ウォッチバスターズ2

こちら発売前。2017/12/16 発売という、いかにもクリスマスを狙った商品でございます。

1は持っていますが、家族でワイワイやるには本当に面白いと思います。

ただ~し、妖怪ウォッチシリーズあるあるですが、『子供より親が本気になる』があるので注意しましょう。

注意ポイント

『お子様そっちのけ』状態で『親がはまる』可能性があります。

子供からすると「ドン引き」どころか、子供同士でも強いのを持ちすぎて相手にされないなんて状況が余裕であります。コレ、本当に注意しましょう。

2は発売前なので知りませんが、1だけの経験で言うと「家族」でワイワイ遊ぶゲームです。

スナックワールド

妖怪ウォッチと同じ会社のLEVEL5が手掛けるアニメのゲームです。

申し訳ない。コレに関してはプレイしていないので何とも言えないけれど、子供の評価というか『欲しいゲーム』としての声は高かったです。

注意ポイント

現在進行形のアニメで、全くストーリーが進展していない状態でのリリースなので、アニメとは「ほぼ関係が無い」可能性が大いにあります。

購入予定なので、何かあればレポートします。

2017/11/27

到購入して、着しました。(クリスマスにまた買うのか・・・は置いといて)

以下、子供のレビュー

(面白いところ)

アニメと同じ感じだし、色々冒険出来るし、地下迷宮(?)があったりでアニメとは違った展開がある感じなものの、基本路線はアニメと平行している感じ。

まだ数日のプレイなので全貌は不明だけど楽しんでます。

(面白くないところ)

会話が長いので、思わずスキップをしてしまうと、後に戻れないので何が何だか分からなくなる。

・・・まぁ。・・・まぁ。クリックしまくるなよと(笑)

自分がプレイしていないので何とも言えませんが、小学生低学年程度なら程よく遊んでる感じはするので良かったかな。

どうぶつの森

何気に人気の根強いのが、この「どうぶつの森」。

女の子だけじゃなく、男の子でも結構プレイヤーがいる。

のんびりプレイも可能だし、ガンガン採集も可能だし。

植物育てたり、昆虫集めてみたり、魚釣りしてみたり。

女の子向け要素もあるけど、女の子が普段しにくい事を気軽に体感する事が出来るのが、このゲームの良いところかな。

ぶっちゃけ『ポケモン博士』になるよりは良いと思う。

注意ポイント

日時指定のイベントがあったりするので、没頭しすぎると怖いと思う。

それ以外は特に何も思わない。

進撃の巨人

何気に驚いたのが、このタイトル。

男の子が欲しいと言い出すと思うでしょ?

女の子が欲しいって言う声が多かったのにビックリした。

申し訳ない。コレも遊んで無いのでコメントのしようが無いんだけれど。

ミカサが大活躍するから、女の子人気が強いんだろうか?

注意ポイント

本当に女の子からの人気は高かったが、幻想が強すぎる気がした。

実際のゲームではどんな展開になるのかは不明。(コレは買う予定無いのでレビューもしない)

モンスターハンター

高学年男子にもなると、アクション系要素の強い「モンハン」の声もちらほらと出た。

正直なところ、お子様には難しいだろうって感じの作品ではあるが、『自分の腕に自信がある』ならばお子様を連れて行くのも可能な感じ。

なのでぶっちゃけ子供1人だと厳しい。お父さんの腕が無いと厳しい。

逆に腕があるならば『父ちゃん頑張っちゃうぞ!』が可能なゲーム。

注意ポイント

前作の話ですが、3Dモードを利用していなくても、かなり目が疲れます。

今作はまだ未体験ですが、お子さんだけに与える場合は、その辺りの注意が必要です。

2DSはどうでしょう

3DSとは言うものの、3D機能はほぼ制限されたまま利用されている3DS。

そこで登場にしたのが2DS。

最初から2Dに限定されていれば安心ですしね。

その分お値段もお安くなっています。

下手をもすれば、もう5年近く使っているかもしれない3DS本体を、新しく2DSに換えるのもありだと思います。

ソフトは使えるから無駄にならないしね。

ゲームに悩むなら本体もアリだと思います。

最後に

意外と大人も楽しめるゲームがあるのが「3DS」なので、その目線で買うのもアリかも知れません。

だって子供と一緒に遊べるゲームって少ないですしね。

離れた場所の「じっちゃん」「ばっちゃん」とゲームで時間を共有出来るなんて素敵な時代だと思ういますわ。

さ~て何買うかな・・・。

スポンサーリンク
レクタングル大
スポンサーリンク
レクタングル大